女性の立場から育毛剤を考える|悩みを解決するための活用方法

AGAの原因とその対策法

鏡を見る女性

男性ホルモンで起こる

髪の毛の根元には毛母細胞があり、毛母細胞が細胞分裂することで髪の毛が成長します。髪の毛が成長する時期を「成長期」といいます。全体の80%以上は成長期の髪の毛です。それ以外は「退行期」の髪の毛で、「休止期」になると抜け落ちていきます。髪の毛は成長と脱毛を繰り返して生え変わっていますが、このヘアサイクルが短くなることをAGAといいます。AGAは毛母細胞にある5αーリダクターゼという酵素と男性ホルモンが結合してジヒドロテストステロンになることで起こります。ジヒドロテストステロンは男性ホルモンの10倍の強さで毛母細胞を破壊する力を持っています。AGAの症状が見られてきたら、男性ホルモンを抑える内服薬を飲んだり、頭皮に外用薬を塗布すれば改善できます。

AGAクリニックでの治療

薄毛の治療はAGAクリニックで出来ます。薄毛治療ができるAGAクリニックは首都圏を中心に増えてきています。AGAの専門医が頭皮の状態を詳しく検査して、その人の薄毛の原因を調べたうえで有効な治療プログラムを組んでくれます。育毛メソセラピーはミノキシジルや成長因子を頭皮に注射器を使って直接投与する治療で、AGAクリニックでできます。注射器を使わない、ノーニードルメソセラピーというのもあります。メソセラピー系は、AGA内服薬の服用よりも即効性があります。自分で毎日正しくシャンプーでヘアケアをしたり、生活習慣を気をつけることは大事ですが、それでも薄毛が治らない場合はAGAクリニックに相談に行くことをお勧めします。